FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャリティープロジェクト「スケッチトラベル」知ってる?

スケッチトラベル

友人シャオメイさんから教えていただいた話です。
トイストーリーなどで活躍している堤大介さんが、4年半の歳月をかけて達成したプロジェクト。
ラオスに図書館を建てるために、一冊の赤いスケッチブックを世界中のアーティストに回して描いてもらうというもの。71名はびっくりするくらい有名な人も多く、つてのつてをたどって「手渡し」(わおっ!)だけを唯一のルールに繋げていく過程が素晴らしいです。
先日そのオークションが開催され目標の二倍の額で落札されたとか。
おめでとうございます。
ユーチューブで、イメージアニメーションも見れます。

作家としては刺激を受けるお話です。
遊び(と本人が言ってます)で突き進める堤さんの若さも、老齢で大御所にも関わらず応じてくれるアーティストの心の若さも輝いています。
私は、こういうお話を伝えてくれる友人を持ってちょびっと若返る気分です。
スポンサーサイト

フェイスブック始めました

部屋の前のハナミズキき真っ赤な実がなっています。
夕日に映えて宝石みたいにきれい!(でも暑い・・・なぜ?)

大学の寮で同期の友人がフェイスブック内に掲示板を作るというので
フェイスブックを始めました。
友達の友達は皆友達というのでしょうか。
イモずる式に友達が掘れるのが楽しい!
でも、よく使い方がわかりません。

もう少し使いこなせるようになったらご紹介しますね。
またまた、パソコン教室に泣きつこう!

エディットピアフに捧ぐby大方斐紗子を聞く

越谷のおしゃれな音楽カフェ「Blossom」で
大方斐紗子さんのシャンソンを聞きました。
内容はジャズピアニスト森岡ヒロキさんとの「エディットピアフに捧ぐ」

シャンソン実はほとんど初めて。
エディットピアフについても往年のシャンソン歌手で恋多き女性。情感たっぷりに愛を歌う方・・・
位のお粗末な知識。ごめんなさい。
最初はちょっと入り込めず、バイク事故で亡くなる若者や戦争から帰らない恋人、
一人街角にたたずむ娼婦・・・かけ離れた世界かな~と思っていました。
大方さんも年齢を重ねたなめし皮のような横顔が厳しく感じられて・・・

でも、一人芝居の演技の確かさでどんどん引き込まれ、
途中のお話での丁寧な美しい話しぶりや、家から輝くようなほほえみに魅了され
ピアフが不幸な生い立ちや恋人との死別を乗り越え
「真の幸福はつらい涙をたくさん流したなかにある」(正確ではないです。意味はこんな風)
と言ったエピソードにはしっかり心に響きました。
後半の歌は圧巻。
人生の絶望や苦しみに打ちひしがれ、それでも立ち上がった人だけが伝えられる本物の歌!
涙をこらえつつ聞きました。70になる彼女が夢のように美しく輝いていました。
最後の挨拶では大方さんも声を詰まらせていました。

人生を重ねる尊さを感じ
とても幸せ。
これから、各地で公演するそうです。
辛い経験をした人にこそ聞いて欲しいです。

妖精が見える?

友人はるちゃんを通して知り合った十五円さんが、私のホームページを見て
「この人、妖精がみえるひとなんだ~」
と思ったとメールくれました。

うふふ。嬉しい。実は信じてるの。
西洋の妖精そのものじゃなくて、もっと日本的な(アニミズム的な?)
自然の中に密かな気配を感じる気がします。

思えば、中学の頃から
「借り暮らしのアリエッティー」の原作「床下の小人たち」など読んでましたし、
今でも佐藤さとるさんのコロボックルシリーズは一番の愛読書です。
コロボックルの本は、最近、挿絵の村上豊さんが新しくコロボックルの絵を描いたおかげで
本屋さんでもたくさん見かけるようになりました。旧友が新しい服で遊びに来たようで楽しいです。
ちょっと自慢ですが、我が家には、このコロボックルの原画があります。
カワセミに乗ったコロボックル!
いつでも幸せになれるお宝です。
(村上さんはとても上手な方なので、自分の拙さが通関させられますが、それでも幸せ)

ここ数日の間に金木犀の香が、そこここで漂ってきます。
金木犀の妖精はどんな姿かな?想像しながら、おやすみなさい。
プロフィール

天ちゃん

Author:天ちゃん
天ちゃんのアトリエへようこそ!
怠け者イラストレーターと愛猫ノアちゃんのささやかな日々・
コメント頂けたら嬉しいです。

天野聡美ホームページ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。